屋根修理は早めにしたほうが良い

 新築で7年ほど経ったときのことです。

 雨になるとぽつぽつと家の中から雨音が聞こえてきて何か変だなと思いつつ、音も小さかったので初めはそのままにしていましたが、台風が近づき大雨に見舞われた時、家の中まで水が漏れて行きました。
その時はじめて屋根が壊れているのだと知りました。

 新築でそれほど経っていなかったので初めは何かの間違いだと思いましたが、後日、業者に屋根を見てもらった時、隙間から水が入ったと知りました。
しかし7年しか経っていないのになぜ雨漏りをしたのかと尋ねると、棟板金の施工があまり良くないのが原因と言われました。

 雨漏りに気付いた時にすぐに直せば良かったのですが、かなり時間が経ってしまったので中の木材まで雨が浸透し、その部分も工事せざるを得ない状態になりました。
棟板金もお金なければならず大きな損失になってしまいました。
棟板金の屋根は非常にリーズナブルで長く使えると安心していましたが、施工が不十分であると意味がないということを、今回のことで勉強になりました。

 今回お願いした工務店は非常に説明も丁寧で仕事もしっかりしてくれたので、その後の雨漏りはありませんが、 屋根を含めて建物がしっかり作られているのか、他の業者に一度見てもらうのも大切だろうと思います。
建物のデザインや外壁の色などそちらの方に目が向いてしまって、とても綺麗な建物にしか見えません。
素人目では、どこが悪いのか全くわからないのです。
何か家のことで問題があったらできるだけ早く、信頼できる工務店を探し、依頼した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です