錆が見え始めたトタン屋根の二回目の屋根塗装

一回目は10年前、築10年目で屋根塗装を行いました。地元の塗装業者にお願いして、綺麗に塗装してもらったのですが、それから8年。
bar-324034_640

またうっすらと錆びが見え、2回目の塗装を依頼する事にしました。うっすらと見える錆がどの程度進んでいるのかが気がかりな所。また、前回塗装してから今回までの期間で、トタンそのものが痛んでいないかが一番の心配です。そこで塗装業者さんが現場を見る前に、自分の目で屋根の状態を確認してみました。

 

うっすらと錆色に変わっている部分は主に雪止めがついている部分周辺。家は積雪の多い地域なので、雪止めがついています。その雪止めの金具がどうやら錆を起こしている原因。

塗装業者さんにその金具が大丈夫かどうかを確認すると、屋根の塗り替えで一番屋根の劣化が進んでいるのは、そういった金具がついている箇所だと教えられました。幸いにも屋根本体に致命的な錆等の劣化は無かったので、雪止めのみ新品に交換。無事に2回目の塗装も綺麗に仕上がりました。

屋根にそういった金具のある方は、塗り替え時期の参考にしてみて下さい。